速読塾!英の部屋

速読に関するものを英が色々紹介いたします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

速読法と記憶法―情報処理能力を高める技術 |栗田 昌裕

速読法と記憶法―情報処理能力を高める技術速読法と記憶法―情報処理能力を高める技術
栗田 昌裕
ベストセラーズ 刊
発売日 2001-06
価格:¥714(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送







コンパクトなSRS訓練書 2004-04-12
 こんなにコンパクトな新書ですが中身は充実しています。個別の訓練内容そのものは、著者の他の書とあまり変わりません。もともとメソッドの体系が完成されているからです。これは法律や経済学の本の章立ては、どの本もほぼ一緒なのと同じことです。
 私はこの著者の他の本も読み、メソッドを何年も実践しました。今はそれなりに効果も感じています。この本の活用法を書いておきます。
 1、同じ訓練を繰り返すこと。1回や2回では訓練の意味すら掴めないと思います。どの訓練も辛抱強く、最初は「形だけ」でも良いから、毎日、出来るだけ回数多く、繰り返すこと。私の場合、例えば呼吸法では100回目位からはっきりした変化を感じるようになり、1分間で「1回」の、意味のある訓練を行えるようになりました。スポーツのフォームを身につける感覚で繰り返してみてください。
2、訓練中感じたことを必ずメモに残すこと。どんな些細な思いつきでも必ず書くことです。著者は再三このことを述べていますが、著者の言う「聞く耳をもたない」読者は実践していないのだと思います(だから出来るようにならない人が多いのでしょう)。「書く」ことで、すでに気付いていたことと新しい発見を区別できるようになり、新しい発見が積み重なると、自分の能力の「使い方」(=訓練の意味)がわかるようになります。
3、これが一番わかりにくいのですが、著者が「視野」というとき、眼球の回りの感覚だけでなく、全身の感覚を指していることに注意が必要です。例えば自動車が後ろから近づいてくるとき、私達は音をきいてその距離を判断できます。そのとき感じている「距離」の感覚は「周辺視野」に含まれます。「緊張した空気を感じる」ようなときの内臓の感覚も「周辺視野」の感覚に含まれます。 
 この価格の新書で、能力を磨けるのならしめたものだと思います。既に買われた方、これから買おうという方、上の点に留意して実践してみることを薦めます。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/3/25に作成しました。

スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。