速読塾!英の部屋

速読に関するものを英が色々紹介いたします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたもいままでの10倍速く本が読める |ポール・R・シーリィ

あなたもいままでの10倍速く本が読めるあなたもいままでの10倍速く本が読める
ポール・R・シーリィ
フォレスト出版 刊
発売日 2001-09-19
価格:¥1,365(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送





本書は、神経言語プログラミングおよび加速学習分野における世界的権威、ポール・R・シーリィによって書かれた『The Photoreading Whole Mind System』の邦訳である。「フォトリーディング」と呼ばれる独自の速読法を用いて読むスピードを大幅にアップし、かつ知識を定着させることを目標としている。監訳者の神田昌典(実践マーケターとして知られる)は、本書のやり方で、1週間に1冊しか読めなかったのを1日に1冊読むことに成功したという。
著者が言うように1秒で1ページ読むことが可能かどうかはわからないが、速く読めるようになるというのはあながち嘘ではなさそうだ。本書で述べられる読書術のポイントはいくつかあるが、そのうちのほとんどは多くの読書家たちに採用されているやり方である。読む前に目的を決め、本の骨子を理解することで無駄を省くやり方や、集中力を高める方法、文章の細部にこだわらない読み方などは、速読の達人なら誰もが無意識にやっていることだろう。
意気込んで本を買ったはいいが、どんどんたまっていってしまう、という人におすすめしたい1冊。(土井英司)

フォトリーディングのプロセスが要 2007-01-04
一見この手のタイトルの本は怪しさ満点です。

速読と言えば一般には、早く目を動かして読む事であり、

書籍ではその方法が簡単に述べられ、最終的にはセミナーに行かなければ身に付かない

と言った類のものがほとんです。



本書で紹介されている速読方法は「フォトリーディング」と呼ばれる、

見開き2ページを右脳でもって写真のように頭に焼き付ける方法で読んでいくもの。



もちろん、この読書方法自体、早く目を動かすのと近い感覚ではありますが、

これはあくまでもこの速読法のいちプロセスであり、この速読法の要はその前後にあるのだと思います。



「準備」

(本を読む目的を明確化し、リラックスして集中出来る状態を作り)



「プレビュー」

(目次、概要、見出しなどを一通り読み、文章の構成を把握。キーワードを抽出する)



「フォトリーディング」

(文字を一文字ずつ読み取るのではなく、ページとして潜在意識に読み込む)



「アクティベーション」

(意識として理解出来るよう、再度「問い」を意識し、ポストビューを行い、

マインドマップなどを作成する)



「フォトリーディング」の部分は結構な練習が必要でしょうが、

その前後のプロセスであれば意識の問題であり、本を全部読むのではなく、

必要な情報を意識しながら読むことはすぐにでも実践出来る速読法ではないかと思います。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2007/3/21に作成しました。

スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。